ようこそ!
『片思いにまつわるお話、集めました。』へ




menu

トップページ

ちょっと切ない初恋の思い出

一度は通る恋

懐かしの中学青春時代

高校時代の切ない思い出

私の初恋&片思いに関するエピソード

片思いで強くなる!

憧れの片思い

あたしの片思い

高校時代の「ためになった」片思い

高校時代ひとつ上の先輩に恋をしました

高校生時代の片思い

告白出来ずに後悔した中学時代の恋愛

今となっては微笑ましい学生時代の片思い

思い出のチョコレートケーキ

実らなかった片思い・・・

塾の先生

職場での思い上がった片思い

大学生になりたての頃の片思い

大好きな先輩がいました

同じ職場の上司へ片思い

片思いの好きな人を先輩にとられた

両想いになるのを望んでいなかった中学時代

再会した同級生への片思い

塾の同級生に片思い

想いを伝えられなかった高校時代

小学校時代の淡い片思い

告白されたのに実らなかった恋

別れは突然に…

インターンシップで片思い

恋多き学生時代

優しかった彼が結婚

内気だった中学時代

背の高い同級生に憧れ続けて…

両思いだったかもしれない

追いかけすぎて過大評価しすぎた

学年のマドンナに恋をして

塾で出会った笑顔が素敵な人

気さくだった初恋の人

テニスを頑張るきっかけをくれた彼女

雰囲気で好きになる片思い

先輩に憧れ告白するも撃沈。

  恋多き学生時代

私は割と恋多き人生だったので、
過去に何回も片思いしていました。

とはいえ、十代の頃はとても奥手だったため、
おつきあいにまで至ることはありませんでした。

中学時代は、隣のクラスの男子に恋をしていました。
同じクラスではないためほとんど接点がなく、
集会や体育の時間などで遠くから見ているだけでした。

また、彼は野球部員だったので、
放課後に練習している姿をグラウンドのフェンス越しに
眺めることも度々ありました。

そして、隣のクラスの仲の良い友達(Mちゃん)に
彼の話を聞くのが楽しみでもありました。

今思えば、Mちゃんも彼のことが好きだったのかもしれません。

でも、私たちは二人とも異性とどう接していいのか
わからない微妙な年頃だったため、
アクションを起こすことはなく、
ただ遠くから眺めて二人で彼を話題にすることだけで
満足していたのです(ちなみに、二人でこっそり彼にあだ名をつけていました)。

とはいっても、時々夜になると彼のことを
どうしようもなく考えてしまいました。

彼と言葉を交わしたい、一緒に歩きたいなど
淡く甘酸っぱい妄想に耽っていたのです。

さらに、彼をモデルにした恋愛小説も書いていました。

今見るとこっぱずかしい代物ですが、
当時は思いを作品にして発散していたのでしょう。

当然、告白などもすることはなく
卒業後は彼がどうしているか知る由もありません。

あの頃の思い出を胸の奥にしまっておきたいので、

特に今の彼に会いたいとも思いません。

ちなみに今でもMちゃんとは仲良しで、
時々彼のことを話題にして二人で懐かしがっています。


Copyright (c) 2016 All Rights 片思いにまつわるお話、集めました。